スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)

 東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨春の約3割、過去10年平均の3~4割の見込みと発表した。

 飛散開始日の予測は2月7~11日ごろと平年より1週間ほど早く、飛散花粉数が多い日数は20日程度と昨春の41日から半減する見通しとなっている。

 花粉量が少ない要因として、スギ・ヒノキ花粉の成長に影響を与える7、8月の日照量が、昨夏は首都圏で例年の6~8割に止まったことなどが要因という。

 都では2月1日から携帯電話サイトやテレホンサービスなどで花粉予報の提供を始める。

<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)
首相、参院選後の省庁再編検討 子ども家庭省設置も 2次補正きょう成立(産経新聞)
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首(時事通信)
<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。