スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<柔道整復師>無資格10講師が授業、卒業生145人補講へ(毎日新聞)

 骨折や脱臼などの治療にあたる柔道整復師を養成する静岡市駿河区の静岡医療学園専門学校(学生約140人、講師約20人)が04~07年度にかけ、講師資格のない約10人に授業を担当させていたことが、厚生労働省の調べで分かった。同省東海北陸厚生局は週内にも同校を立ち入り調査し無資格講師に授業を受けた当時の学生に補講を受けさせるなどの指導をする。補講対象者は約145人で、中には500時間超の補講が必要な卒業生もおり、異例の規模という。

 柔道整復師法は国家試験の受験資格として、国が指定する大学や専門学校などで3年以上学び、解剖学や生理学などの専門知識を習得するよう定めている。授業は厚労省の講師資格を得た柔道整復師や医師らが担当することになっている。

 厚労省などによると、同校は解剖学や一般臨床医学、柔道の実技などを資格がない講師が教えていた。補講対象者は卒業生約145人で、うち約130人は既に国家試験に合格。同省は「学生が悪いわけではない」として特例的に補講を受けることで対応する。

 ただ時間数は1人あたり約500~150時間になる見通しで、既に働いている卒業生もおり、重い負担となりそう。同省の担当者は「補講の対象者数や時間数がこれだけの規模になるケースは聞いたことがない」と話す。同校は08年7月、無資格講師1人が一般臨床医学の授業を行っていたことが発覚。厚労省は在校生103人に1人あたり約35時間の補講を行うよう指導した。その後「ほかにもある」との情報が寄せられ、調査していた。赤羽勝雄校長は取材に「厚労省の指導を待って真摯(しんし)に対応したい」と話した。【浜中慎哉】

【関連ニュース】
<無免許ではり治療>大阪の副院長ら逮捕 肺損傷で主婦死亡
<無資格で示談交渉>熊谷の弁護士法違反:容疑者「交渉うまい」と評判
<無免許の教員>無免許講師採用、知事は「確認方法ない」 /三重
<高浜市議の無免許運転>実刑判決で市議会、再度の辞職勧告も /愛知
<こちらも無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒

1歳女児虐待死?たばこの火の跡・低体重(読売新聞)
官房長官、地デジ移行の質問に「いやなこと聞くね」(産経新聞)
「下田志援隊」が龍馬小判の地域通貨発行(読売新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ-消費者庁(時事通信)
小沢氏関連団体 4億超、現金で保管 7~19年 資金移動隠す?(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。