スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<NPT会議>被団協メンバーら米到着…命の尊さ伝える(毎日新聞)

 【ニューヨーク加藤小夜】核兵器なき世界を実現するための追い風に--。米ニューヨークで3日開幕する核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせて派遣された日本被団協のメンバーら約50人が30日午後6時(日本時間1日午前7時)、ニューヨーク・ラガーディア空港に到着した。核軍縮を進めるオバマ米大統領の登場で、核廃絶への機運が高まる中での渡米。被爆者らは滞在中、国連本部や現地の学校などで65年前の体験を証言し、命の尊さを訴える。

 スーツケースを持った人たちでごった返す夕方の空港。日本のテレビカメラが待ち構える中、成田から16時間の長旅で疲れた表情の一行が現れた。派遣団長で広島県被団協理事長の坪井直さん(84)は「体や心に傷を抱えた被爆者が、それを乗り越え証言をしようとやってきた。(会議では)核廃絶に向けて一つ一つ具体化することに期待したい」と語った。

 メンバーの一人で広島の被爆者、広中正樹さん(70)=広島県福山市=は海外で初めての証言に臨む。原爆で大やけどをした父が亡くなり、火葬をするまでの3日間を描いた26枚の絵を携えていた。

 広中さんは5歳の時、広島市内の自宅で被爆。父は爆心地近くの路面電車内で被爆し、かろうじて家にたどり着いた。背広を着ていつものように出かけた父は変わり果て、焼けただれた背中には無数のガラスが突き刺さっていた。「本当にこれが人間の姿か」。その姿が記憶に焼き付いている。父は翌日亡くなり、8月8日に火葬にした。

 「あの日、『しっかりわしの背中を見ておけ』というのがあったんじゃないか」。広中さんは4年前から証言活動に取り組んでいる。「最初で最後の渡米だろう。しっかり頑張ってくるよ」と父に誓い、原爆を投下した米国に飛んだ。現地の学校で被爆体験を証言し、持参した色紙に平和へのメッセージを寄せてもらう。広中さんは「核兵器は絶対に使ってはいけない。それを各国の人たちに訴え、命の大切さを伝えたい」と力を込めた。

【関連ニュース】
広島市長:2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け
チェルノブイリ:医師派遣協力求め25日に報告会 広島
OBサミット:核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島
OBサミット:広島で開幕「核兵器なき世界」議題に
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに

<転落死>4歳女児、誤ってホテル6階客室から 姫路(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
東京芸大で出会った祐二と幸 挙式の日に関西へ(産経新聞)
調布市の携帯納付 市税全体に拡大へ(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。