スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)

 「さくら名所100選」にも選ばれている長野県須坂市の臥竜公園の桜が満開になり、ライトアップされた約150本の桜が同公園内の竜ケ池の水面に映る光景が訪れた観光客を楽しませている。
 公園の管理事務所によると、17日~18日の週末には、約8000人近い人出があった。
 ライトアップは桜が満開の間、午後6時から同10時まで行われる。今週末までは、この幻想的な光景を楽しむことができそう。 

【関連ニュース】
〔写真〕水面に映る150本の桜=長野県須坂市
〔地域の情報〕農商工連携でご当地ジンジャーエール=和歌山
〔地域の情報〕古き良き時代伝える「おっちゃんの宝物」刊行=和歌山
〔地域の情報〕「徳川家康検定」を実施=愛知県岡崎市
〔地域の情報〕「武田兵糧丸」を銘菓に=山梨県

<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)
「痴漢は絶対に許さない! 」=警視総監らがチラシ配布-東京・新宿駅で出陣式(時事通信)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)

電車内で女子学生の体触る 税務署員を現行犯逮捕(産経新聞)

 電車内で女子学生の体を触ったとして、兵庫県警西宮署は17日、県迷惑防止条例違反容疑で、福知山税務署総括上席国税調査官の木山博貴容疑者(44)=京都府福知山市=を現行犯逮捕したと発表した。同署によると「やっていない」と、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、16日午後10時半ごろから数回にわたり、JR東海道線米原発上郡行きの快速電車内で、隣の席に座っていた私立短大1年の女性(18)の太ももなどを触ったとしている。電車がJR西宮駅に停車したところで女性が木山容疑者の手をつかみ、駅員に被害申告した。木山容疑者は単身赴任中で、神戸市内の実家へ帰る途中だったという。

 大阪国税局の秀島友和・国税広報広聴室長の話 「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。容疑が事実であれば、確認でき次第、厳正に対処します」

【関連記事】
夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
取り押さえた痴漢の妻を恐喝 容疑の男を逮捕
外国人地方参政権問題に一石

兜町のカード決済代行会社強盗、容疑の男3人逮捕(産経新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
男児保護に協力の男性に感謝状(産経新聞)
ペンギン切手、名前間違い販売中止(読売新聞)
参院比例に3人擁立=維新新風(時事通信)

B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)

 全国B型肝炎訴訟の原告と弁護団は6日、東京・霞が関の厚生労働省周辺で、国に早期の和解協議入りを求めて座り込みなどの要請行動を行った。原告側は先月、鳩山由紀夫首相や長妻昭厚労相ら6閣僚に「被害実態を直接伝えたい」として面談を要請したが、「訴訟の対応を検討中で、現段階では責任ある具体的な話ができない」などの理由でいずれも拒否されたため、抗議の意味も込めた。

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めた訴訟は、先月12日に札幌地裁で、同26日には福岡地裁で、相次いで和解が勧告された。原告側は和解協議に応じることを決めたが、国側は札幌地裁の次回期日(5月14日)までに結論を出すとして慎重な姿勢を崩していない。

 和解勧告を受け、原告側は先月下旬、長妻厚労相らに面談を要請したが、いずれも拒否されたり、回答がなかったという。原告側は「被害者の声すら聞こうとしない態度は理解できない」として、座り込みをすることを決めた。一連の訴訟では、東京や福岡など10地裁で419人が提訴している。【佐々木洋】

【関連ニュース】
B型肝炎:福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示

「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
ほど遠い「まごころ奉仕」経営 ペット死骸放棄に顧客、住民は動揺(産経新聞)
<訃報>上野保子さん79歳=上野・水泳連盟常務理事の母(毎日新聞)
スペースシャトル 打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
線路に砂袋 特急が停止 東海道線(産経新聞)

シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも-東京地検(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨妨害事件で、東京地検は2日、傷害や威力業務妨害、艦船侵入などの罪で、SSの小型高速船元船長ピーター・ベスーン容疑者(44)を起訴した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
日本などの捕鯨容認で妥協模索=捕獲数の大幅削減が前提-NZ
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家

<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)

徳島の土地改良区横領、1億円の賠償命令(読売新聞)

 徳島県阿南市の阿南東部土地改良区の事業資金約7億円余りが、当時の改良区職員とその長男、知人の暴力団組員に横領された事件で、同改良区が元職員の大川ひとみ受刑者(61)と、悦史(33)、玉井鉄男(35)両受刑者に計1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、地裁であった。

 武田瑞佳裁判官は3受刑者に全額を支払うよう命じた。

 判決によると、大川ひとみ受刑者は、同改良区の会計主任を務めていた2006~08年に、215回にわたって無断で預貯金通帳や定期預金証書を持ち出し、計約7億2200万円を引き出した。

 武田裁判官は大川親子に対しては「請求の原因となった(横領の)事実を認めている」とし、玉井受刑者も「原因事実について争わないのは、認めたとみなす」などと判断した。

 改良区は今年1月、玉井受刑者から返還を受けたベンツなどの車5台や家具、電化製品、貴金属合わせて約100点を徳島市内の質屋に買い取ってもらい、約3350万円を回収したが、全額回収にはほど遠い。残りの金額をどう回収するか、弁護士と相談して決めるという。

 また、「金融機関にも責任がある」として、損害賠償を求める方針。横手常悦理事長は「今回の全面勝訴は当然。被害をすべて回復するよう、あらゆる法的処置をとりたい」と話した。

パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
震災再開発地区で代執行 兵庫県、唯一明け渡し拒否(産経新聞)
<地下銀行>30億円送金 ベトナム人男女4人を容疑で逮捕(毎日新聞)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。